2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

« にゃんこせんせ 三途の川を渡る =^^= | トップページ | 10年前 =^^= »

2018年2月 3日 (土)

家族猫とのお別れ その1 

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

去る2月1日に 家族である、愛猫のにゃんこせんせと、お別れをしました。
お別れといっても、体だけで、その遺骨は、帰宅しました。これからも一緒です。
ゆくゆくは、私たちと同じお墓に入るということもあり、葬儀は頼まず、”個別立会火葬”を行いました。落ち着いたら、いつか、粉骨をしようと思っています。

亡くなってから3日間、カピロウさんが作った段ボールお棺にいたにゃんこせんせ。
朝晩、保冷剤を交換しました。美人を保つためです。耳など撫でると、嬉しそうに見えました。でも、体が家を離れる前、にゃんこせんせの目にうっすら涙が。私たちも、とてもせつなくなりました。

にゃんこせんせが、急変した日から、我が家にWindowsという名のウイルスが勝手にやってきて、PCを破壊してゆきました。(詳しくは、後日書きます)
にゃんこせんせが亡くなる1時間前まで、彼女の隣で、カピロウさんが修復作業をしていました。何か臭うな~、と思うと、にゃんこせんせが便をしていました(便秘でない)。それが夜に2度もあり。亡くなる直前に嘔吐のしましたので、にゃんこせんせは、体から何か出る、ということがほとんどありませんでした。とても体はきれいでした。

火葬をして頂くところは、”せたがやペット斎場”(ジャパンペットセレモニー)で、感応寺に併設されています。

にゃんこせんせの思い出の場所を回ってから向かいました。

Dscn4782

右奥(見えづらいですが)が、にゃんこせんせの生家(納屋)。

家を出てから、まずお向かいは、にゃんこせんせの生家です。農家の納屋で生まれました。2度の出産を経てから家猫になりました。
家の周りが、生産緑地や屋敷林であるため、にゃんこせんせはそこで遊んでいました。彼女のテリトリーです。
学校の前を通り(選挙の時、校門の向かいで、ずっと座って待っていました。ここがテリトリーの北限らしい。)テリトリーをぐるっとまわってから、お世話になった病院の前を通りました。先生は、もう来ているね。それから、キャロットタワーを面前に、車は進みました。

感応寺は、徳川ゆかりの寺で、秘仏将軍地蔵尊(家康の)が祀られている、こじんまりとしたお寺です。最近は、猫寺として有名になってきているようです。住職さんが猫好きで、生き物全ての極楽浄土のお寺をつくろうとしていらっしゃいます。ですので、昆虫も!供養してくださります。動物供養塔があります。
境内には、お寺の猫さんたちが暮らしています。受付猫もいらっしゃいました。
犬と猫の譲渡会も、こちらで開いています。

続きは、次回に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« にゃんこせんせ 三途の川を渡る =^^= | トップページ | 10年前 =^^= »

甲状腺・肥大型心筋症=^^=」カテゴリの記事

コメント

かぴららさん、こんにちは。

にゃんこせんせの涙、、、せつないです。(涙)

にゃんこせんせは、素敵な場所で産まれて育ち、優しい家族に出会い、幸せな一生でしたね。😺
亡くなったとは思えない、生きてる様な可愛いお顔でしたよ。
愛情を受け、幸せに満ちた日々だったから、安らかなお顔だったのでしょう。
優しい考えの住職さんのいらっしゃるお寺が、近くにあって良かったですね。

大変な1週間で、かぴららさん、かぴろうさんもお疲れでしょう。ご自愛下さい。
ヤンキーにゃんこせんせ、再会した夫猫さんや旧友を 既に従えてるかも。。。
スカジャン着た姿、忘れられません。可愛い子(=^ェ^=)

るいママさん、こんにちは
どうもありがとうございます。

にゃんこせんせの若いころは、極貧生活でした。家にきて、沢山ご飯を食べられるようになり、寝る場所も安定したので、顔が穏やかになりました。
昔ははんにゃ(般若)顔してました。

お寺と斎場は、思っていたよりずっと良くて驚きました!!

るいママさんに可愛がってもらって、にゃんこせんせは嬉しかったことでしょう。

かぴららさん、こんにちは

にゃんこせんせは手厚く育てられ、暖かい家庭で暮らせたことで、
長寿を全うする事が出来ましたが、外ネコの平均寿命は3年くらい?
そんな話を聞いたことがあります。
最近はペットの火葬場やお墓、立派なものが多くなりましたね。

岳さん、こんにちは
どうもありがとうございます。

外猫さんの寿命は3~4年くらいが多いと思います。にゃんこせんせのまぶだちもそうでした。

にゃんこせんせと暮らしている間に、ペット業界も変わりました。
お墓などは、お寺の事業拡大といった面もあります^^

こんにちは。
かぴららさんお疲れ様でした。
良いお見送りでしたね。
そしてにゃんこせんせ、おかえりなさい。 

感応寺、駒沢大学駅の、近くですね。🐱や🐶の他に、虫さんも供養してくれる😊優しいお寺さん💕最後に、お別れの涙が、いじらしいニャンコ先生、大好きな場所とお別れして、ゆっくりと休んで、また帰って来るのよ🐱💕

Indogoさん、こんにちは
どうもありがとうございます。

帰りより行きの方がせつなかったですが、今の時間の余りかたが大きくて、、、、
がーねえさまは、ボンゴレちゃんのそばにゆくのでしょうか?がーねえさまがいなくなってから、Indigoさんのボンゴレちゃんのブログをあらためて読んでいたら、とてもせつなくなりました。。。いい子だったね~。二人とも。

つんさん、こんにちは

感応寺は、三軒茶屋に近いと思っていたら、最寄り駅は田園都市線だと駒沢大学の方ですね。
家からだと、世田谷線で行こうかな、と。フードを持って(寄付用)。当日、にゃんこせんせが好きだったフードを持参して(一緒に入れられる)いったのですが、その残りは、さすがに寄付できませんでした。。。

にゃんこせんせの涙、かぴららさんやカピロウさんに今までありがとうと感謝しているように伝わってきます。生家は、静寂をうかがわせ、さらに涙を誘われます。
1年前にしーちゃんのブログ閉鎖したのですが。覚えてくれていて、また訪問ありがとうございました。腎不全で、息を引き取る瞬間ひとりぼっちだったのが、申し訳なかったと思ってます。
昔ラグドールが肥大型心筋症で、彼女も病院通いで、かぴららさんが検査データーを記録しているを見て、にゃんこせんせの生命力の凄さに、お二人の細やかな看病をみて、感激していました。

あきさん、こんにちは
どうもありがとうございます。

最期は、たまたま夜中でしたので、看取ることができました。
先生からも、お家で息を引きとってよかったと言われました。亡くなる前3日間は昼間病院にいましたから。それが、良かったのかどうか、、、、輸液することで、水分補給されてもっと生きられると思ったんですけど、、、本にゃんは、もっと家にいたかったかもしれません。。。

一緒に過ごす環境は、それぞれ違います。我が家も、ベストな環境ではないけれど、より良くしたいとはずっと思っていました。
できる範囲内で、できることをしてあげられればよいと思います。
あきさんが、今でもずっと思ってあげていることを、猫ちゃんたちは喜んでいると思いますよ^^


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族猫とのお別れ その1 :

« にゃんこせんせ 三途の川を渡る =^^= | トップページ | 10年前 =^^= »

無料ブログはココログ