2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

« 20歳の猫と暮らす その11  | トップページ | 58回目のレミケードと診察  »

2017年12月 1日 (金)

20歳の猫と暮らす その12 

<薬 VS 薬>

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

にゃんこせんせのその後・・・

突発性血尿性膀胱炎には、抗生剤がよく効きました!!
血尿も頻尿も、その日のうちに全くなくなりました!!

しかーし、この薬には大きな問題があります。

抗生剤は、菌をたたく働きをします。
膀胱炎の原因である大腸菌をたたきました。それと同時に、大腸内の善玉菌もたたきました。
つまり、にゃんこせんせの腸内フローラルを壊してしまったわけです!!
カリナール2やラクツロースで善玉菌を増やし、腎不全・脱水症状に起因する便秘を解消しようと頑張っているのに、抗生剤に善玉菌がたたかれました。

先生からは、便秘になるかもしれません、と言われましたが。。。

お言葉の通り、なりました(T-T)

夏の出来事の再来。
便秘になると、気張りゲロも伴いまして、、、
やっぱり膀胱炎+便秘+ゲロ  の三点セットが再来したのでした。

こんな状態なので、抗生剤は予定より早く中止(勝手な同居人の判断ですが)、善玉菌を増やすべく、カリナール2やラクツロースを増量しました。

その甲斐あってか、便秘は大分改善されてきました。

今日も、何やら私にしてほしいことがあるようで、朝からにゃんこせんせはべったり。
お腹をののじさすりしました。。。パンパンに張っています。
その後、自分でトイレに行き、ちょっと頑張りました。出たね、と思いましたがお尻をみたら詰まっている状態だったので、肛門脇をプッシュ。ころっと4コ、お出になられました。サポートが上手になったわ、私^^
何時間も粘らなくなってよかったです。本当に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 20歳の猫と暮らす その11  | トップページ | 58回目のレミケードと診察  »

甲状腺・肥大型心筋症=^^=」カテゴリの記事

コメント

かぴららさん、こんにちは

素晴らしい介護士に恵まれ、にゃんこせんせも安心ですね!
長い間一緒に暮らしていると、ツーカーの仲、
思わず吹き出しちゃいました。m(__)m

岳さん、こんにちは
どうもありがとうございます^^

肛門近くにたまっているモノは、肛門の両脇を押すと、簡単にでます(^o^)人間でもそうなのかしら~?
その後、今日の午後は、さらに便を自分でしました\(^o^)/一人でできたもん!!とドヤ顔しながら、私が片づけるのを監督していましたよ。←にゃんこせんせが性格キツイのは昔からです(笑)

かぴららさん、こんにちは(^-^)/

にゃんこせんせは、専属の看護師+薬剤師+介護士 の3人セット常駐で安心ですね。o(^▽^)o
にゃんこせんせ、可愛いお顔してるのに、性格がキツイなんて、信じられません(ーー;)
猫、被ってます???(笑)

そう言えば、人間でも両脇を押せば良い。と、聞いた事がありますが、どうなんでしょうかねぇ〜実行には、勇気が必要ですけど(ーー;)

るいママさん、こんにちは
今日も、肛門の両脇プッシュしたら、ころんと出ました。。。まだね、便秘気味です。
人間では、幸いやったことがないです(^^;)

にゃんこせんせの性格は、喜怒哀楽がはっきりしている、ツンデレタイプなんです。デレデレに甘えますが、怒ると仕返しがしっかりきます(笑)

先月、Y新聞の医療コラム/リウマチの連載に、私の主治医の先生が書いていました。最終回をお書きになっていました。それはともかく、髪の毛が暴れていて!もっと上手に写真を撮ってほしかったわ~~~。実物は格好良いのに。気さくで、あんまりお洒落は気にしてないからそのままといえばそのまま・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20歳の猫と暮らす その12 :

« 20歳の猫と暮らす その11  | トップページ | 58回目のレミケードと診察  »

無料ブログはココログ