« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

数字が先行。

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

先週、内科の診察・投薬に行ってきた時。

検査の数字の悪さに、主治医の先生がとても心配された。こんなに心配されたのは、初診以来である。

先生、関節を念入りに診てくださるのだけど。。。腫れてる???

ちなみに、私は問診票の自己申告で、疼痛 1レベル (10段階のうち) にチェックしていた。状態が良い、ということなんだが。

「痛くなったら、すぐに連絡ください。」

痛い所を聞かれたのだが、

・顎関節? 先週はクリーニングを控えめにしてもらった

・膝? 冷房のせい? でも、東照宮の石段を昇っても全然平気でした(o^-^o) と先生にご報告 翌日全然痛くなかったし!

自分の感覚で、数値を色々計算してみたけれど、

顎関節 この程度の痛さだと せいぜいCRP 0.2 くらい。膝もねえ。。。

私の感覚、鈍くなった???  なんだかよくわからない。

そして

「風邪を引いていませんか?」

「いいえ。でも暑くてとてもバテバテしています。夏バテすると炎症が悪化するのでしょうか?」

なんて先生に答えてしまいました。風邪を引いた自覚もなし。

この原因の謎が解けたのは、帰宅してから。喉が痛くなったのだ。

この日は、雷が落ちて電車が止まったり。また、連日蒸し暑くて、特に通勤するのがつらかった。往復2時間は鬼のような時間。で、夏バテ→風邪 となったみたい。

現在、気管支の調子がよくないので、家でできる限りゴロゴロ、安静にしています。

あの数字は、コレが原因。炎症しています。数字は正直です。

自覚がないのに、なぜあの数字になったのか。翌日、わかった。これですっきり。

それはまた今度。

風邪は肺炎の元。悪化すると、それこそ先生の所に行かなければならないので、ね。大人しくしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月20日 (火)

あまちゃんダイワハウスCM

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

ダイワハウスのCMは、いつも面白く見ているのですが、

今回「湘南編」

は、あまちゃん がネタかな!?

「影で」踊っている のが番組とかぶります(笑) しかもあの人が踊っている(笑)

http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/shonan.html

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月18日 (日)

通院日 =^^=

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

にゃんこせんせの通院記録が3回分もたまっていますので(^_^;、まとめてアップ。

7/19、 8/2、 8/16 の分

心拍数 192~204 回/分
体重 3.65㎏

☆心臓エコー

外側壁 約7㎜  内側壁 5㎜ (標準6㎜以下)

外側の壁が若干厚くなりました。

収縮率 47~54%

大動脈と左心房の関係は変わりなし。悪くない状態。



☆腎臓エコー

左腎に8㎜弱の、のうほう あり。

左腎右腎とも、腎盂のまわりに石灰化、あり。変化していない。 

☆ 血液検査(7/19)   久しぶりに外注しました 

008

ちょこちょこと、院内で血液検査はしているのですが、健診というかたちで検査したのは、去年の3月以来でした。。。 
右の行の数値がそれです。
このときは、高い肝臓の数値を、経過観察中で、まだ病名がついていない頃です。

さて、今回の結果ですが、

 コレステロール以外は、標準値 です。

懸案だった ALT も、標準値になりました\(^o^)/ 肝機能OK.

コレステロールは、歳のわりに頑張って食べているね。という印象だそうで(笑)気にすることはないそうです。

 クレアチニン が、標準値内ですが、去年より増加しています。腎臓サポート療法食おかげでこの程度に押さえられているのかなあ。

 病気が病気なので、突然、ということがあるかもしれませんが
投薬コントロールは上手くいっているようです。

安定した状態が続いているので、先生やナースのみなさんにも褒められます(にゃんこせんせが)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
診療明細書 (沢山検査した7/19の分だけ)

継診料 630円
エコー 1050円
内服薬(心臓) 1450円
内服薬(抗血栓) 735円
内服薬(甲状腺) 2205円
F-腎臓サポート 1575円
マイフリーガードα 1050円
フィラリア予防薬 2635円
血液検査(健診セット) 4725円
甲状腺機能検査(T4) 5250円

合計 21315円 (自己負担分 10584円)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月16日 (金)

モスラちゃん飛翔 そして

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

お盆になると秋風になります。ひんやりした、乾いた風、大好きです♪
暑くてもこういう気候は大丈夫(^o^)

少しずつ、たまっている出来事を綴ってゆこうと思います。

我が家のモスラちゃんたち。

1号、2号、無事飛び立ちました

天井を開けたのですが、なかなか出てくれなくて。誘導したら(ちょっと網をたたいて(-o-;))
無事飛び立ち、高く高く飛んでゆきました!!

イモムシだったのに、きれいな蝶になる。不思議です。

008

1号。さなぎから出ました。

013_2

2号。気づかないうちに、さなぎから出ていました。

ところで・・・

なぜ、1号2号と書いたかというと、

このコたちが旅立つ前、妹弟たちを何匹か発見しました

↓ 葉に卵があります。これから何日か経って、、、このコももう、今ミドリちゃんなんです。このコは6号。

017

そやこやしているうちに2匹行方不明になり、、、

あわてて、いるコたちを、また網つきのお家にお引っ越ししたのデス。

↓ 3号  現在サナギです。これは、1号のサナギの上でサナギになるところ。来週蝶になると思います。

サナギになるのに1日くらいかかります。大変です。一番狙われやすい時期です。

045

007

4号、5号。今週ミドリに変身!!成長が速いです。仲良くツーショット。
6号も一昨日変身しました!!


生き物によって人生の早さが違う、と感じるのでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月14日 (水)

軟骨の再生

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

年を経るとともに、すり減ってゆくと言われる軟骨。

軟骨など骨の問題は、ちょこちょこ調べています。

悪かった膝の半月板のこともあり、心配しているのですが、、、

今は痛くもかゆくもない!?ので、もしかして自己再生したのかもしれません。

それでも心配で、

あるとき、内科の主治医の先生に、

「半月板とか軟骨とかすり減ったら(なくなってしまったら)どうしたらいいでしょう?」

そんな質問をしたことがありました。

すると先生は笑いながら

「大丈夫ですよ、治験も始まっていますし、かぴららさんが実際に心配することになる頃には、再生が普及しています。」

そう仰ってくださったのでした。

↑ の質問をした時から、少し年月が経ち。。。

今年の4月から、膝関節の治療用の、培養軟骨に保険が適用されているのですね!

患者負担は、高額医療の適用になるので8~10万円くらいか。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130314ccba.html

暗いニュースが多いけれど、意外と未来は明るい!!と思ったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月12日 (月)

かゆい夏~

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

今年は暑い夏です。東京の場合、夕立も多く、蒸し暑いです。

今年は、汗をかける体質になるべく努めてきました。そのため、汗腺が細いために起きる手足の湿疹は、とても少ないです。

が、この蒸し暑さで、体は限界の模様。

汗腺が開いているためか、肌がますます敏感に。いつもの年よりひどい。

靴下をはいたら、そこに湿疹ができたり。自分の髪に反応して湿疹&あせも。

極めつけは、実家のアスパラガス畑でちょこっとしか手伝っていないにもかかわらず、湿疹が勃発。接触性皮膚炎といいますか。

母から気をつけるよう言われていたのですが、この時期ののアスパラガスは立茎(りっけい)していて、その葉は、触れると針みたいにチクチクします。

長袖は着ていたのですが、それでは不十分だったみたい。

アスパラガス自体は、食べると湿疹改善に効果があるらしい。美肌も期待できる食物です。

なんだけど・・・

接触後2日経ってからボツボツと。順次発生。

手足口病になったよう。手、脚、首といった接触部分に発生。

これがかゆい~~~

外出、入浴等体温が上がるとさらにかゆくなる。

家で涼んでいると調子が良くなるが、関節が病む。

ことに顏は複雑で、高温多湿→顎関節痛い+あせもだか湿疹がかゆい

           涼しい→ 顎関節痛い

かゆみと痛み、どっちかにしてほしい!!

どっちを選ぶか考えてみた。痛みだけの方がましなので、涼しくすることにした。高温多湿の痛みは、鎮痛剤が効かない感じがします、私の場合。

こういうときは、よく寝るに限る。得意の睡眠で免疫力アップ。夏休みだし、いつもより3時間くらい多く寝た。

出かけた時もあったけれど、1週間養生したおかげで、接触性皮膚炎はほぼ治った。まだブツブツ痕は残っているけど(>_<)

あせも&湿疹はまだまだ・・・。顏など、化粧水など塗ると余計湿疹ができるので、シッカロールにしばらくお世話になりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月10日 (土)

お家で猫の尿検査&投薬 =^^=

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

お家でできる尿検査と投薬の紹介です。

007

採尿グッズ。100均で買ったおたまです。夫のカピロウさんが、採りやすくなるよう加工しています。

猫がトイレで始めたら、お尻の下からおたまを入れます。しっかり中間尿がたまります^^

お友達のキョロリンさんは、上手に採尿されていて、凄いです!!

ステンレス製なので熱湯消毒できるので、衛生的にもOK。これで採取して尿培養、北里研究所で調べてもらったときも、(尿も含めて)無菌が確認されています^^

カテーテルや膀胱穿刺(ぼうこうせんし、膀胱に針を刺して尿を抜きます)は、より正確な結果が出ますが、猫ちゃんの心と体に負担となります。

まずは、家族に採ってもらうのが簡単で安心だと思います。

そして、尿結晶などになったとき、尿のphコントロールが大切になります。

006

ph試験紙です。

これに尿をつけれは、尿のphが家で調べられます^^
にゃんこせんせは、尿が酸性の時もアルカリ性の時もあり、これで助かりました。

(加筆しました)

ph試験紙ですが、細かなphを調べたいときは、↓ こんなタイプもあります。

005

投薬方法。我が家の場合です。お薦めしてよいのかわかりませんが、こんな感じでしています。

良い点:その1 猫が仰向けだと、口が大きく開きます^^

0042jpg

その2 私は、脚(もも)をあげています。腹筋が鍛えられます(笑)こうすると、仰向けの姿勢が水平になります。

0031jpg

その3 にゃんこせんせの口の奥に、しっかり薬が入ります^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年8月 2日 (金)

W通院 歯周病とリウマチ

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

今日から、待望の夏休みになりましたが、初日はいつもと変わらず。この曜日は、朝一で歯科へ行き、夕遅一(?)で、にゃんこせんせの病院へ行く日でもあります。

歯科へは、顎関節症の治療のため隔週通院しています。といっても、歯のクリーニングが開口練習。

これが、強制開口する(=大学病院に行く)より、私にはずっと合った方法。先生にお願いしてそうして頂きました。長い時間かかりましたが、少しずつ、効果は出てきました。食べられるものも増えたし、鎮痛剤の量も減りました。

ロキソニン(+胃薬、副作用の胃潰瘍防止のため)は一日3錠でしたが、今は1錠。飲まない日もあります。鎮痛剤は、内科ではなく、歯科から処方して頂いています。

先生にも随分ご心配おかけしました。ここまで付き合ってくださる先生はなかなかいらっしゃらないと思います。もう、先生とのお付き合いも8年目です(@_@)
リウマチの検査結果も全て先生にはお見せしています。症状が良くなってとても喜んでくださりました。

今日は、パノラマレントゲンを撮りました。歯茎もきれいだし、虫歯も進行していません。

顎関節症は、歯科での治療が直接の原因なのですが、そこにリウマチもからんでいます。

リウマチの薬も、顎関節に効いているのでしょうね。

歯周病にも効いているのでしょうか?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

リウマチと歯周病は、深い関係があるようです。

TNF-α ・・・・骨吸収を促進する働きをする。歯周病にはマイナス。
         ・炎症の主な原因物質。リウマチの原因。

TNF-αは、腫瘍細胞を壊死させる作用のある物質として発見されたサイトカイン。肥満時には増加する。リウマチになると増加する。

サイトカインとは、細胞から放出され、種々の細胞間相互作用を媒介するタンパク質性因子の総称。免疫,炎症,生体防御において重要な役割を担っている。

↓ 肥満との関係から歯周病を考察している記事ですが、TNF-α について書かれています。

http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/6001/

↓ RA患者の歯周病罹患率(非罹患者より約8倍高い)等書かれています。歯科の分野からアプローチ。

http://shirokuma.weblogs.jp/o/2008/10/post-6de8.html

↓ 歯周病とリウマチとの関連について。医科からアプローチ。

http://m-review.net/acr2011/day4_1.html

関連性はあるものの、因果関係は証明されていない、との結論。難しい表現ですね。

↓ 歯周病の治療で、リウマチ症状が改善された。これはTNF-αの治療の有無に関係していない、とのこと。歯科からアプローチ。

http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/rheumatism/kouza-16.htm

小難しいので、私が勝手に解釈すると、

リウマチ患者は歯周病になる割合がとてもとても高い。

ちなみに、「健康日本21」における歯周疾患の標的年齢(35~44/45~54歳)の歯周疾患の有病率は、それぞれ27%、43% 。

 ↑ 厚労省のHPより。http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-004.html

そして、生物学的製剤を使用している、いないにかかわらず、
歯周病の治療をすると、朝のこわばり、腫れ、疼痛等リウマチ症状が改善するそうだ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

休んで、夕飯の準備をしてから、次の病院だ~。前回いっぱい採血したので、総合血液検査の結果から、今後の治療方針を決めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

無料ブログはココログ