« ムーミンのパン | トップページ | してはいけないことをしたけれど »

2012年9月 8日 (土)

フットケア外来受診

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

3カ月ごとに通院している、形成外科・フットケア外来を受診しました。

ここでは、年1回レントゲンを撮ることにしています。内科とも共通する足趾を撮るのですが、内科からのオーダーとはポーズも違います。診る観点が違うからでしょうか。

ここを受診すると、1週間くらい気持ちが落ち込みますが、以前よりは大丈夫です。通院して1年経ったからかなあ。

受け入れたくない、認めたくない現実をしっかり見つめていかなければならないので、どうしてもつらくなります。

毎日ノルディックウォーキングをして、日焼けしてがっちりした私を見て、あまり快く思わなかったようです。(内科だと、これがとてもウエルカムなのですが。)

「かぴららさんは、あと40年くらい自分の足で歩かなければなりません。大切にしなければなりません。」

「変形が進みますから、足に負担をかけることはあまりしないように。」

内科では、「痛くなければどう動かしてもいいです。」と言われましたが、ここでは、制限が加わります。なぜ?

「(症状が進行していないと)リウマチとしての変形は進みませんが、今変形しているところに負荷をかけると変形が進みます。」

ということなのです。では、どうしたらいい?

「痛くなったら、休んでください。(歩くのを)止めてください。」

・・・痛くなるほど歩いていないので、大丈夫かな。と私は解釈したのでした。

足指がハンマートゥ変形している、これは治るというものでもない。現状を保ってゆくためには、気をつけて過ごさなければなりません。そのことを再認識するのでした。

レントゲン結果などからのコメント

「こんなに(指が)曲がっているのに、足裏がこのタコしかないのは立派です。きれいな足裏です。」

キツい言い方ですが 褒められている、と解釈しました、私。形成の先生に褒められたの、初めてかな?

実は、足裏のタコが、以前より減って、大きなタコ1コだけになりました\(^o^)/足裏は、アーチがしっかりしてきれいになったのです。

そのタコを削って、整えて頂きました。

タコは増えるだけでなくて、減ります。減りました。足裏の話はまた今度。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ムーミンのパン | トップページ | してはいけないことをしたけれど »

リウマチ」カテゴリの記事

フットケア」カテゴリの記事

コメント

形成外科とフットケアも受診されているんですね。

でも形成外科の先生怖そう・・・・フットケア外来は私のところもありますが、糖尿病患者さん向けのようです。

足の裏のタコって・・・つくづく自分の足の裏眺めちゃいました(笑)
今のところなさ気です。

浮腫が少しと、カサカサ感はありますが。アクテムラ治療後発疹があるのでそれからもカサカサするのかなと思っています。

痛いときは動きたくても動けないですよね。
だから動けるときは、ゆっくりゆっくり動いています。

ちびたママさん、こんにちは
形成外科の雰囲気には、慣れてきました。ここでは、手術などして治る人と、どうしようもない人(私もその中)がはっきりしていて、私は現状維持することが目標になるので、厳しいことを言われるのだと思います。

形成外科の先生に診てもらうのは、実はとても大変なのです(完全に予約制、先生の枠に入るのは難しい)。

足裏のバランスが崩れると、タコができます。筋肉が落ちてもできます。今までの経験からすると。タコが成長すると痛くなるので時々削ります。
ちびたママさんは、バランスがとれた良い足をされているのですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フットケア外来受診:

« ムーミンのパン | トップページ | してはいけないことをしたけれど »

無料ブログはココログ