2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログ村

« 通院をやめようと思ったけど | トップページ | 筋肉で骨はフォローする »

2012年2月25日 (土)

人それぞれの悲しみが

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

フットケア外来として形成外科に行ったところ、まず通されたところは診察室の隣の処置室。

ベッドに腰掛けて、シートを敷いてスタンバイ。この日は、足型をとったり。足を計測したりもしました。

まずは足指のマッサージとストレッチの復習から。これは、初診の時、先生に習ってから、私は毎日欠かさずしています。入浴時と、その後足のお手入れ・クリームを塗る時。

現在、実は、足趾はあまり痛くないのです。かなり歩いていますし、地下鉄の階段など、エスカレーターを使わず、階段上り下りしています。普通の人より歩くの早いかも。もともと健脚ですが、すっかり普通の、元の私です。この話は別の機会に書きます。


毎日欠かさずしているフットケア、地味だけど、本当にスゴイです


それから、持参した電動タコ削り器(Panasonicの角質ケア商品)を使っての指導。この加減が、難しい。削りすぎてもよくないです。自分で削る場合、感染症も心配です。

でも、電動の、私が使っているものは、そういう心配があまりなさそうです。


悲しいことに、足に変形があるので、タコはなくなりません。それどころか成長します。だから、こまめに削らなければなりません。タコが原因で、足裏が痛くなったりします。


フットケアプロナースのFさんから、指導を受けました。この方は、以前私が大泣きしたとき、30分くらい慰めて頂いた方です。

マッサージするときも、「指がまっすぐに戻りますように」そう思いながらマッサージをするよう言われたけれど、足のマッサージをする時私は悲しい気持ちにもなります。だって、元には戻らないもの・・・。


隣の診察室から、患者さんと先生との会話が聞こえてきました。そういうのは、聞いてはよくないのですが。。。

レーザーでの手術の話だったり、時には、

「・・・・ブラジャーが・・・・」

ああ、この方は、乳房の再建をされているのだなあ、と思いました。



ここの科は、人それぞれ異なるけれど、深い悲しみを持った人たちが集まるところなのです。だから、その空気のためなのか、なんだかここにいるのがつらくなるのかなあ。

でも、みんな、ここで治療をすることで、気持ちよく過ごせるように、自分が好きになれるように、前向きに生活できるようになれますように。そう祈ります。

この日は、1時間くらい、とても丁寧な指導を受けました。

先生は、一応登場してお話しを聞きますが、診察が忙しそうです。

次回も、フットケア外来、ということで、ナースのFさんに予約を入れて頂きました。これはこれで、いいのかなあ、と思うようになりました。

足のタコのチェックをして頂きながら、日々気持ちよく過ごせるのならば、それは私にとって大きな喜びです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 通院をやめようと思ったけど | トップページ | 筋肉で骨はフォローする »

フットケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人それぞれの悲しみが:

« 通院をやめようと思ったけど | トップページ | 筋肉で骨はフォローする »

無料ブログはココログ