2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログ村

« リウマチと女性疾患5 この医師はいい人?内科と婦人科 | トップページ | 今日から薬を飲む »

2011年7月30日 (土)

リウマチと女性疾患a 卵巣摘出の影響

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

リウマチと女性疾患は、時間を追って書き進めています。でも、卵巣摘出について気になる記事を見つけたので紹介します。

私は3ヶ月前、チョコレートのう胞(卵巣腫瘍)摘出手術をしましたが、その際、腫瘍とともに、左卵巣と卵管を摘出しました。

女性が腹部の手術をするにあたって、何を摘出するかということは、とても大切なことです。医師は「これを取るとこのようになる、メリットはこのようで、リスクはこうなる」と説明をして下さりますが、では、どうしたらよいか、医師のお薦めはこれ、ということをあまり強く主張しないと思います(私の場合はそうでした)。

なぜなら、それは本人の人生と深く関わるからで、それは自分自身で、あるいは家族の意見も加味して決断しなければならないからです。

例えば、妊娠を希望するしない、ということも大きく影響します。


私自身、悩みましたが、卵巣は腫瘍のある方だけ一つ摘出することにしました。卵巣を摘出したのは再発予防とがん予防のためです。両方摘出しようかとも思いましたが、それは今回しなくてよかったかも、と↓の記事を読んで思いました。今のところ。

でも、症状によっては両方摘出した方がよい場合もあると思います。

私の場合、残りの卵巣も摘出することになったとき、生物学的製剤投与中だと感染症などのリスクがより心配になるだろうと思います。





  卵巣を両方摘出した場合の影響



閉経前の女性では特にホルモン低下によるマイナスの影響が問題


卵巣がん乳がんは減少する 

が、心筋梗塞や脳卒中が増え、死亡の危険性が高まる。エストロゲンが減ることで起こる病気(心臓や血管の病気、骨粗しょう症など)が増える。


http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=44630





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« リウマチと女性疾患5 この医師はいい人?内科と婦人科 | トップページ | 今日から薬を飲む »

リウマチ」カテゴリの記事

女性疾患」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リウマチと女性疾患a 卵巣摘出の影響:

» 乳がん(乳癌)の症状 [乳がん 治療法]
乳ガンを克服したい方必見 乳がんは女性特有のがんの一種で、日本では約20人に1人の割合でかかるがんですが 早期発見することが可能で、がんの中では治る率が高いがんです。 早期治療を行うために、乳がんの症状や自己検診の方法などを知っておくことが重要です。 セルフチェックと、定期的な専門家による検診を受けて早期発見の機会を失わないようにしましょう。... [続きを読む]

« リウマチと女性疾患5 この医師はいい人?内科と婦人科 | トップページ | 今日から薬を飲む »

無料ブログはココログ