2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

リウマチ

健康

2018年2月24日 (土)

リウマトレックスからメトレートへ変更してみた

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

医療費削減のため、国が先発品から値段の安い後発医薬品(ジェネリック)への変更をすすめていて、その目標値が、2017年に70%、2021年までにジェネリックを80%の使用割合にする。
というポスターが薬局に貼られていて、衝撃を受けました!!

前々回の治療の後、薬をいつもどおりにお願いしたところ、「リウマトレックスだなんて珍しいですね」と言われ、これまた驚きました(@_@)私がリウマトレックスを服用始めたころは、普通だと思っていたのに、、、、国の政策でこうも変わったんだなあ、と実感。

「今までリウマトレックスを服用していた方々はどうしてジェネリックになったのですか?」病院前の門前薬局だから、同じ病院に通院している人が処方してもらっているはずである。
「入院すると、強制的にジェネリックになってしまうようなんですよ。」という返答も頂いて、ますます驚いた。というかひどく動揺してしまい、入院して強制的にジェネリックに変更されてしまうなら、先に手を打ってしまおう、と思った次第です。

いきなりジェネリックを服用するのは不安なので、薬剤師さんに相談した。「次回処方してもらうときに、半分先発品、半分ジェネリックでだしてあげますよ(ただ、1度には出せないから別の日に来てください)。気が変わったら、いつもどおり先発品でもかまいませんから。」という、とてもとても有り難いお言葉を頂きました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

それからよ~くよ~く考えて、診察時に、主治医の先生に相談してみた。
入院したらジェネリックに変わってしまうのは、院内薬局は1つしかないから1つの薬、、、となるとジェネリック。ということらしい。
遅効性の薬だから、副作用の判断とか、効果はどう判断したらいいのか?
とりあえず、次回の診察まで6週間飲み続けてみる。血液検査の結果をみれば効果がわかります、と言われて、それもそうだな~~~と感心した。
ジェネリックの薬も何社からも発売されているので、どの製薬会社が良いのか、も聞いてみた。何年か前に聞いた時は、大手の会社がいいと言っていたけど。

先生は、あゆみ製薬から出ているメトレートをお薦めしてくださった。あゆみ製薬について質問すると、参天製薬(目薬などで有名)のリウマチ部門が独立して、できた会社らしい。

リマチルについても、あゆみ製薬のブシラミンを薦めてくださった。これは、硫黄臭くないらしい。ブシラミンは、製薬会社によっては、硫黄臭いものがある。硫黄の臭いはしない方がいいなあ。個人的には。

今回は、リウマトレックス→メトレート
      リマチル→リマチル のまま。同時に変更すると、副作用や効果がわかりづらくなるので。こうしました。

薬局に行ってみると、あゆみ製薬から出ているメトレートが置いてない!

・・・仕方ないので、メトレート(メトトレキサート)(田辺三菱)をもらうことにした。先生は、田辺三菱のものでも大丈夫ですよ、と仰っていたので、これでもいいかな?取り寄せてもらうのもなんだし、ね。

*今回の処方箋でも、今までどおり、先発品、後発品、どちらでも患者が選べる書き方をしてくださっています。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

メトレート2㎎×6 が、私が1週間に服用する量。 

ところが、処方してもらったその週には、体調がすぐれず、飛ばしました。

そして、今日(今週)、服用してみた!

かゆみとか、すぐに出る副作用みたいなものナシ。

それどころか、リウマトレックスを服用していた時は、気持ちが悪くなったのだが(でも、こういうのが普通だと思って飲み続けてた。違うってことは、今日わかった(笑))
気持ち悪さとかむかつきみたいなものが全くない(@_@)それどころか、何か快適感。

服用感からすると、ジェネリックのメトレートの方が全然良いじゃない!?値段も安いし。
あとは、効果なんだけど、これは5週後の検査結果をみて判断します~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

59回目のレミケードと診察

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

レミケード投与も、59回目となりました。

この日は、朝から絶不調で、家でもひどかったけど、通院途中の電車が混雑。ひどいこと。ことに新宿で乗り換えた丸ノ内線では1本見送ったのに、呼吸ができないくらいの混雑。げっそりげっそりしたのでした。


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと。今回は、7週間隔です。
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP 0.11  0.09  0.14  (上限値0.3)
ESR 14 10 16  (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 23.3 23.6 (上限値約60下限値約17)
KL-6 138  149  144  (上限500)

状態の悪さは、数字の比較からは感じられないですね・・・

しかし、本当に調子がよいときは、CRPは”0”になります。
0ではない、ということは、体の中でリウマチがくすぶっていると思われます。

*投薬状況のまとめ

レミケード 5回目より 300㎎(3バイアル)/6週
プリドール(ステロイド) 20㎎/6週 レミケード点滴前に投与。レミケードの効果を高めるため投与。
MTX 6錠/週
リマチル 200㎎/日

葉酸も、もちろん週1日服用しています。

レミケードは、私の体格だと200㎎/8週が基本ですが、投薬開始しても体感的に良くなかったので、目一杯増量してもらっています。このときの私の体感は正しかったと、今、痛感。

主治医の先生からは、次回5週後にするか6週後にするか、提示されました。
先生には、6週間後、と返答したのですが、専門外来で会計待ちしている間に、気が変わり(いやいや、自分の置かれた状況を考え直しただけです。6週間後にしたら、もしかして、人生で一番後悔したこと、取り返しのつかないことになるかも!?と思ったから)、5週後にしたのでした。これですっきり!!

色々外圧があって、薬をジェネリックにしようか考え中。

一番は国の政策(医療費削減したい)の影響が大きい。2020年にジェネリック普及率を8割以上にするのが目標らしいのだが、今年度は7割目標なんですね(@_@) 
そして、いつもの薬局で、”リウマトレックス”をくださいとお願いしたら、珍しいですね、なんて薬剤師さんに言われたのでした(-o-;) みなさん、いつの間にジェネリックにしたのでしょうか・・・?

相談をしているうちに、メトレートとかブシラミン?かな?お試し処方をしてくださる、との案も提示してくださった。(これには、ちょっと条件が必要)もちろん、断って今までどおり先発品のままでも良いとのこと。
これについては悩み中。、
この日、カピロウさんにその話をしたら、相談する順序が違う、まず主治医の先生に薬の変更をして副作用が出たらどうするか、などの相談するのが先。と、大目玉を食らいました。健保から圧力がかかっても、先発品のままでいいから、そのために保険料を支払っているのだから、と言ってくれます。
そして、にゃんこせんせは、こういう時、にゃんじ(判事)役で、正しいと思う人のところにすりすりするのでした。

・・・・・
今日は雪が積もっています。カピロウさんは早く帰宅できるようになりました。
にゃんこせんせは、外に出たい!!と猛烈にアピール。窓が開くとスキをみて脱走しようとします(^^ゞ 低体温症になったら困るので、抱っこして雪景色を眺めました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年1月19日 (金)

レミケード二次無効のきざし

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

年末より、あちこち関節などがとても痛くなり、こわばりが出てくるようになりました。

今回、レミケードを投与した日の朝などは、特にひどく、
動作が普段の1.4倍くらい遅く、立っているのもつらい、物を持つのもやっと。朝食の準備をしていたら、お皿をうまくつかめず割ってしまったくらいです。

投薬期間を1週間伸ばした影響が大きいです。

それ以外考えられること。
レミケードがリウマチ以外のこと、例えばインフルに罹患しそうになるのを耐えたり、インフル予防接種でワクチンと戦ったり、、、、他の炎症と対峙してたのかも、、、毎年冬はそうなります。

先生からも「7週間間隔はよくないですね。」
「投薬期間延期などが、レミケードの二次無効(最初は効いていたけど途中から効かなくなること。初めから効かないのは一次無効)の原因です。」
絶不調状況を話したところ、これが続くとレミケードが効かなくなります、とはっきり言われました。

血液検査数値自体は悪くないです。

手が痛いのは、マウスを持ち方が悪いから?足はタコを上手く削っていないから?考えましたが、全然違いました。原因はリウマチ悪化でした。
投薬したら徐々に痛みが軽減したのでわかりました。

・・・色々考えましたが、次回の投薬は、通常の6週間後でなく、5週間後にしました。レミケードの血中濃度を高めたまま維持したいからです。二次無効危機は回避される・・・と願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年12月 3日 (日)

58回目のレミケードと診察 

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

今年最後のリウマチ治療でした。
風邪もひかず、やや揉めた前回とは違って速やかに投与前問診は終わりました。

インフルエンザのワクチン接種は、ワクチン不足のためしておらず、なった時は家庭医の先生のところに駆け込んで薬を即処方してもらう算段です。それに、レミケードなどが炎症するのを抑えてくれるし(^^;)風邪などひいても熱が出ないのだ。

主治医の先生には、頂いた薬のおかげで肺炎にならずにすみました、と、申しましたところ、先生は笑っておられました^^

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと、
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP  0.09  0.14  0.12 (上限値0.3)
ESR 10 16 10 (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 23.6 26.4 (上限値約60下限値約17)
KL-6 149  144  142 (上限500)

6週間後は、主治医の先生がお休みとのこと。1週早めるか、代診の先生にお願いするか、1週遅くするか、尋ねられました。
1週遅らせる、というのはしたことがないのですが、挑戦してみることにしました。

6週間ごとで、検査の数値は安定しています。
投与間隔を伸ばすことを含めて、減薬につながれば、とも思っていますが。
CRPが”0”になることが、時々しかないので、そういう意味では、減薬、さらにバイオフリーとなるのは難しいと思っています。減薬は少しはできるかな?
私のリウマチは、今は薬のおかげでおとなしくしていますが、勢いが強いタイプなので、弱みをみせた時には(休薬等)勢いが増すと思っています。

その先のことは、結果をみてから考えよう~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年10月14日 (土)

56回・57回目のレミケードと診察

<風邪の症状がどの程度ならばレミケード投与可能か>

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

まずは、検査結果から。
数値はあまり変わりませんが。ほぼ寛解です。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと、
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP 0.14  0.12  0.12  (上限値0.3)
ESR 16  10  7 (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 26.4 25.2 (上限値約60下限値約17)
KL-6  144  142  145  (上限500)

風邪にもいろいろあります。軽い風邪、重たい風邪。強い免疫抑制剤を使っているので、生物学的製剤の投与にあたっては、”風邪”を引いていないか等、体調チェックがあります。

私は、ちょこちょこと風邪をひき、程度によっては家庭医の先生に診てもらいます。
さらに、咳がかなり続くようになると、リウマチの主治医の先生に診てもらいます。このときは、血液検査+胸のレントゲン で、肺炎かどうかのチェックをします。

週1回服用しているMTXは、風邪がひどいと思うときは、自己判断で1回飛ばししています。(そうしてもリウマチの状態に変化ないことは経験で確認済み)

レミケードを投与できるかどうか。レミケード投与前には、私の病院では、若い先生(研修医+αの経歴)の問診があります。熱を計る、酸素濃度、血圧、呼吸等の確認です。それに、自己申告。

数日前から”やや”風邪気味と言ったところでしたが、確かに声がガラガラ、少し鼻水が出る、といった状況。人間ドッグ時も、少し咳が出たけど受診しました。
いつもやっつけ仕事的に問診をしているその先生だったが、その日は突然「来週来てください。」と。
???
「投与できるか否かは、熱があるかどうかと、主治医の先生は仰っていましたが。」
「レミケード投与できるかどうか確認するのが問診です。喉も赤いです。肺炎になったら大変でしょう。」

押し切られそうになったので(笑)
「では、主治医の先生にお伺いをたててください。」
・・・と、主治医の先生がニコニコして登場。
「大丈夫ですよ、かぴららさん!」

投与することになりました。
やりとりを心配していた看護士さんには、「本当に調子が悪かったら、朝一でできそうにない、と、先生に電話したと思います。」と言いました。

主治医の先生からは、風邪薬を処方していただきました。
風邪の具合?その後全然悪化していません^^元気です。が、気候の変化が激しい季節だから、気をつけないと~~~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年7月26日 (水)

55回目のレミケードと診察

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

レミケード投与ももう55回となりました。副作用なく、元気に過ごすことができて、とても有り難いです。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと、
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP 0.12 0.05 0.27    (上限値0.3)
ESR 7 10 15   (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 23.7 31.2 (上限値約60下限値約17)
KL-6  145  146 136  (上限500)

前回、CK(クレアチンキナーゼ)の値がぶっちぎり、上限値よりかなり超で、何か運動しましたか?と先生に尋ねられました。???テレビ体操でしょうか!?なんて答えましたが、、、身に覚えなし。なんでしょうね、この値。
今回は基準値内でした。

暑さでかなりバテていますが、リウマチはほとんど自覚症状がなく、まあ、いつもの痛いところはちょっと痛いかなあ?と思う程度です。

先月、形成外科で腕の良い看護士Aさんにフットケアをして頂き、足の痛みもなくなって感激しました!が、その効果も1カ月くらいで終わり。タコは成長、自分で(電動のパナソニック角質クリア)少し削ってみましたが、やはりAさんみたいにはならないな(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年6月14日 (水)

53・54回目のレミケードと診察

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

レミケードの投与と診察に行きました。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと、
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP 0.05 0.27   0.59   (上限値0.3)
ESR 10 15  7   (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 31.2 26.9 (上限値約60下限値約17)
RF   -  -  - (上限値25)
KL-6  146 136  133 (上限500)

調子は良くなかったのですが、まあまあの数値。6月はリウマチ月間だし、風邪気味だし。。。気候などの影響で、体感と数値は一致しないこともあります。それは実感しております。

RF(リウマチ因子)の検査がないことについて、先生に伺ってみると「指導がはいって、MMPかRFかどちらか」ということになったらしいです。「RFの検査をしたいですか?」と聞かれましたが、MMPの方でよろしくお願いします、と申しました。RFは人間ドックでするし、重要度は?治療前は数値が高かったけれど、治療して、この数字どう?と聞かれても微妙なところ。MMPの方が、関節の様子がわかってよいと思う。

朝一に到着、なんやかんや待つこと長し。その後仕事へ、なのでこの日はいつも疲れます。。。4日くらいたって元気になるかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年3月19日 (日)

50回~52回目のレミケードと診察

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

3回分も!まとめの記録です。随分さぼっていたなあ。。。

この間、色々ありまして、、、

まとめていて気づいたこと。RF(リウマチ因子)の値がちょうど3カ月前から、ない!?検査項目でなくなったようです。

今回は、レントゲンを撮りました。いっぱい撮りました。結果、進行していませんでした。

昨年秋より風邪が治らず、この6週間の間MTXを2回飛ばしたこと、リウマチの薬はよく効いていると思うが、免疫力が低下していて、この状態はキツいです。と先生に申したところ、

次回から、プリドール(ステロイド)点滴の量が、30㎎から20㎎に変更(減薬)になりました。

レミケードは1回あたり、3バイアル投与。MTXも6錠/週服用しているし、いっぱい免疫を落としています。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
検査結果
6週間ごと、
 今回、前回、前々回 の順 ()は基準値
CRP 0.04  0.59 0.05   (上限値0.3)
ESR 7  15  16 (上限値15下限値5)
MMP-3 まだわからない 28  26.3(上限値約60下限値約17)
RF   -  -  - (上限値25)
KL-6  133 126 157 (上限500)

CRPが高かった回の翌日、インフルエンザの処方をして頂いています。

今回、診察日前日まで、家庭医の先生に処方して頂いた風邪薬を服用していたのですが、CRPはほぼなし、の状態。体感では喉に痛みがあったのですが。よかったよかった^^
減薬につながりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年2月 5日 (日)

免疫抑制薬VSインフル

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

やっと、体調も↑ になって気がします。薬に体がついていっていない感じがします。

インフルエンザ状態になって、それは体感しているのだけど、あまりよくわからない。それが免疫抑制薬を使っている人の症状だと思います。

CRPが0.59と高い。風邪だとせいぜい0.3止まりなのが今までの数値。
かーっとなる熱さ(ただし、体温計で計ると平熱です)、喉の痛み、から、これは普通の風邪ではないな、と思った次第です。

これで、なんとなく風邪・溶連菌・インフルエンザ の区別が体感でわかるようになった気がします。

こういうときは、生物学的製剤なんて投与してはいけない、ずらした方がいいのですが、やっちゃったものは戻せませんから。

これは、家庭医の先生しか診立てできない、と思ったので、やっぱり朝一でクリニックへ。

複雑な事情を話して・・・

・リウマチ患者であること(これは以前に報告)
・インフルエンザ予防接種済
・昨日レミケードと一緒にステロイドも投与していること
・レミケード投与3日前からクラリチン(アレルギー予防だけど風邪薬でもある)を服用していること

この状態で、いつもの風邪と違う症状が出た。

個人的には、インフルエンザの可能性が強い、と言いました。仕事で、それっぽい人と濃厚に接したので、、、

インフルの検査は陰性でしたが、先生は「インフルだと思います、そのように処方しましょう。」
インフルの検査って6~7割しか、っていうのか、そんなに、というのか?それしか当たらないのです。タイミングによって陽性になる割合も異なるらしい。

で、処方されたのがリレンザ。+鼻水の薬もお願いしました。

リレンザは、インフルの予防的な薬としても処方されます。5日間吸入します。
1回の吸入で終わるタイプもあるけど、この方が私向き、ということです。

Img_2689

立っているとふらふらしていたので、寝たり座ったり、、、何年か越しで、ココログ神経衰弱、ようやく回転するスケート靴をゲットできました^^お庭であばちゃんが楽しんでいます。3回転半のは動作が真央ちゃんそっくりだね(@_@)後ろからためて、ジャンプ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年2月 2日 (木)

CRPは正直!

こんにちは、かぴららです(*^.^*)

昨日、リウマチの治療に行きました。

で、診察時に「CRPが基準値超えてます。ESRは通常値ですけど。」主治医の先生が心配されました。
「風邪は良くなったと思いますが。関節の痛みは自覚がないですけど(ずっと鼻水に気を取られていたので)。」
「風邪がまだ残っているかもしれませんね。」

・・・そのときはわからなかったのだけど、残り風邪でこんなに値が高くなるかなあ?この疑問は夕方に解かれるのだった。

仕事をしていて、喉が痛くなって声が出ないのだ。いつもの風邪と違うなあ。。。悪寒も走るし。

なんとなく、というかこれはインフルではないか!?という直感。原因も思い当たる。職場での鼻水攻撃!?

今日、熱を計ったけれど平熱。なんだけど、体は熱いし重いし、、、喉も燃えるように痛い。体温計には出ないのだ。
というのも、普段から免疫抑制薬を飲んでいるし、昨日はさらに強力な薬を投与している。+ステロイドも投与しているから、症状が現れないんだけど、かかっている。←こういうこと、経験済み

という感じがすることを家庭医の先生に報告。インフルの検査をしたけど陰性。(これは60~70%で当たるらしい)しかし、いろいろなことを考慮してくださって、インフルの処方をしてくださった。5日間吸入するタイプのもの。それに鼻水の薬も処方して頂きました。

・・・ということで、今日は仕事も休んで、まったりと、家でにゃんこせんせと休みます。夕飯も、カツ丼を買ってきたから大丈夫^^








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

コアラのリウマチ日記

アメバの アーチェーリー大好き♪はまりやち~

無料ブログはココログ